三重県鳥羽市の秘境 神島の観光マップ

マップ

古くは、歌島(かじま)、亀島、甕島などと呼ばれた。神島の名が示すように、神の支配する島と信じられていた。
後に八代龍王を祭神として八代神社(やつしろじんじゃ)が設けられた。
神社には、古墳時代から室町時代にわたる総数百余点の神宝が秘蔵されている。各種の鏡(唐式鏡、和鏡)や陶磁器などである。
鳥羽藩の流刑地であったため、志摩八丈と呼ばれたこともあった。
小説潮騒の舞台であり、5回行われた映画化ではロケ地となった。同作品中では歌島(うたじま)とされている。

  • プラスボタン
  • プラスボタン
  • プラスボタン
  • プラスボタン
  • プラスボタン
  • プラスボタン
  • プラスボタン
  • プラスボタン
  • プラスボタン
市営定期船乗り場
市営定期船乗り場

神島港、ツアーはここから始まります!

時計塔跡
時計塔跡

かつては唯一この時計が島の時間を刻んでいました。

洗濯場
洗濯場

水道が通る以前に利用されていた洗濯場です。「潮騒」の中でも初江含め島の海女たちが談笑しながら賑やかに洗濯する様子が、生活感豊かに描かれています。

寺田さん宅
寺田さん宅

小説「潮騒」の舞台である神島。その作者、三島由紀夫がお世話になった。

八代神社
八代神社

海の神様「綿津見命(わだつみのみこと)」が祀られています。「潮騒」では、新治が美しい花嫁を授かるように、初江は新治の航海の無事を祈る場所として登場します。

神島灯台
神島灯台

海の難所である伊良湖水道を見守ってきた灯台、「日本の灯台50選」にも選ばれています。「潮騒」では、新治が世話になった灯台の官舎へ魚を届けに行く場面などに登場し、印象的なシーンを飾っています。

監的哨
監的哨

戦時中、旧陸軍が伊良湖から試射弾訓練の着弾点を確認するために建てられました。「潮騒」では、突然雨に見舞われた新治と初江が、このなかで焚き火を挟んで向き合い、互いの気持ちを通い合わせます。

カルスト地形
カルスト地形

石灰石が風化してできたもので、市の指定天然記念物にも指定されています。

鏡石
鏡石

昔、女性たちが岩に油を塗って鏡にしたといわれています。

市営定期船乗り場

市営定期船乗り場

神島港、ツアーはここから始まります!

時計塔跡

時計塔跡

かつては唯一この時計が島の時間を刻んでいました。

洗濯場

洗濯場

水道が通る以前に利用されていた洗濯場です。「潮騒」の中でも初江含め島の海女たちが談笑しながら賑やかに洗濯する様子が、生活感豊かに描かれています。

寺田さん宅

寺田さん宅

小説「潮騒」の舞台である神島。その作者、三島由紀夫がお世話になった。

八代神社

八代神社

 海の神様「綿津見命(わだつみのみこと)」が祀られています。「潮騒」では、新治が美しい花嫁を授かるように、初江は新治の航海の無事を祈る場所として登場します。

神島灯台

神島灯台

 海の難所である伊良湖水道を見守ってきた灯台、「日本の灯台50選」にも選ばれています。「潮騒」では、新治が世話になった灯台の官舎へ魚を届けに行く場面などに登場し、印象的なシーンを飾っています。

監的哨

監的哨

 戦時中、旧陸軍が伊良湖から試射弾訓練の着弾点を確認するために建てられました。「潮騒」では、突然雨に見舞われた新治と初江が、このなかで焚き火を挟んで向き合い、互いの気持ちを通い合わせます。

カルスト地形

カルスト地形

 石灰石が風化してできたもので、市の指定天然記念物にも指定されています。

鏡石

 昔、女性たちが岩に油を塗って鏡にしたといわれています。